Pocket

口臭の確認の仕方!マスクやティッシュを使った確認方法とは?

こんにちは。


学生時代、友達から自分の口臭を指摘されたことがありました。


その時はかなりショックを受けましたがそのことが


口臭を常に気をつけるきっかけになったと感謝しています。


社会人になった今口臭にはマナーとして一番気をつけるように


していますが、それでも心配になるときがあります。


会議などの緊張した場面で話さなければいけない時、


口が乾燥してカラカラになってしまいます。


ある日の会議で発表し始めて少し経つと、前に座っていた人が口を塞ぎました。


自分の息が気になって頭が真っ白になってしまったのでした。


何とか発表を終えた後、こっそり手に息を吹きかけて


息の臭いを確かめてみました。


自分では中々気づきにくく、社会人になった今は、気になる人の口臭に対して


指摘をする人はいません。


それだけに相手の微妙な表情の動きが気になったりするのですが、


やはり自分で自分の息の臭いを知り、早めのお口ケアをしていくことが


エチケットを守る第一歩だと思いました。

自分で口臭を確認する方法は?

口内に残った食べカス、粘膜から剥がれ落ちた老化物などの


タンパク質が分解されて揮発性硫黄化合物を出すことで口の


臭いの元となる口臭。


自分には口臭はあるのか、それはどの程度なのか。


自分できちんと把握して、しっかり予防していきたいですよね。


そこで自分の口臭を自分で確認する方法を考えてみました。


・息から確認する。


・唾液から確認する。


・オキシドールで確認する


・身近な人から確認する


口臭外来で受診する。


これらの方法から調べていくことにしました。

息から確認する

手を口の前で塞いで息を吹きかけて確認する


口臭が気になったとき即座に手軽に確認できますが


手の臭いが口の臭いに移ったり手のすき間から息が漏れたり


と確実性は薄くなります。


確実性 ★☆☆☆☆

グラスで確認する

・臭いが移らないようにグラスをきれいに洗う


・ぴったりとグラスで鼻と口を覆う


・息を止める


・ゆっくりとグラスの中の臭いを嗅ぐ


密封性があるのである程度息の確認ができますが、息がグラスから


漏れたりしてわからなくなることもあるので少し大きめのグラスで


行っていくことが必要です。


確実性★★★☆☆

マスクから確認する

・マスクを10分位装着する


・呼吸をマスクの中に充満させる


・息を止める


・ゆっくり吸い込むように臭いを嗅ぐ


密封性があり口内と同じような温度が保たれている


ので口臭の度合いがわかります。


確実性★★★★☆

唾液から確認する

手の甲を舐めて確認

・手の甲を舐める


・10秒位置いて乾燥させる


・手の甲を嗅ぐ


今現在の自分の口臭がわかりやすく、手軽にできますが他の臭いと


混ざりやすく臭いが判別できなくなる可能性も。


確実性★★☆☆☆

ティッシュで確認する

・舌の白い部分を舌に付ける


・10秒位置いて乾燥させる


・吸い込むような感じで臭いを嗅ぐ


確実性★☆☆☆☆


舌の舌苔、唾液から確認することができてわかりやすいのですが、


ティッシュの臭いや他の空気の臭いで判断しにくいことも。

オキシドールで確認する

傷などを殺菌消毒する時に使う消毒薬オキシドールで調べてみました。


・オキシドールを水で3倍~10倍に薄めておく


・歯磨きで口内をきれいにする


・オキシドールを口に含み全体に行き渡らせてブクブクと軽くゆすいで吐き出す。


オキシドールは菌に反応すると泡が発生するので泡が発生すると


口内の菌がある、口臭があるということになります。


口内の歯肉炎や歯周病に反応して化学的に口臭があることを


証明してくれるが実際どのような臭いか判断しにくいことも。


確実性 ★★★★☆


価格 150円~200円

口臭チェッカー

口臭の原因となるガスの集まり揮発性硫黄化合物を半導体センサーで


キャッチし、検知方式での測定をしてくれます。


・息を吸い込みピピピッとなるまで息を吹きかける


・しばらくして測定開始


口臭がないの0~強い口臭の5レベルの6段階で判断してくれるので自分の臭いの状態を細かく確認できます。


持ち運びができるので口臭が気になるときに気軽に調べることができ便利


確実性★★★★☆


価格 3000円前後

家族など身近な人に臭いを嗅いでもらう

実際に近くで自分の息を嗅いでもらって確認することは


手っ取り早く、自分の前で感じる口臭の具合がよくわかるので


一番の確認方法かもわかりません。

口臭外来で受診する

・揮発性硫黄化合物のガス濃度をリアルタイムで測定


・口からの息、鼻からの息を調べる


・舌苔の状態


・唾液の分泌量


・医師が直接臭いを嗅いで感覚的に判断する


このように、臭いの元の成分のガス濃度を専用の機械で正確に測定してくれ


総合的に臭いを確認して調べてくれるので、口臭を不安に


感じた時などは口臭外来できっちり調べてもらうと安心できますね。

口臭を確認するタイミングは?

起床時、口が乾燥してネバネバしているということがありますが


口を動かない睡眠中は唾液の分泌量も減少し、口内の細菌が増殖するので


起床時、毎回同じタイミングで調べていくと


確実に自分の口臭が判断しやすいのではないでしょうか。


自分の口臭の状態を把握し、早めの口臭対策をしていきたいですね。