Pocket

口臭の原因:臭い玉(膿栓)のうがいでの取り方とは?

こんにちは。


私は通勤で電車を使います。


毎朝のラッシュは本当に疲れます。


満員電車だと他人との距離が極端に近くなることがイヤなのです。


痴漢とかもそうですが、私がすごく気にしていることは「口臭」です。


他人の口臭を嗅いでしまうのもイヤですが、


自分の口臭も嗅がれていると思うととてもイヤです。


「この人、なんかクサイ。」とか思われてるんじゃないかと心配なのです。


学生時代に友人から口臭を指摘されてから、すごく気にしています。


それからは口臭の原因を全て知っておこうと色々調べました。


そのうちの一つといわれている臭い玉(膿栓)もチェックしました。


またどうやったら取れるのかも調べました。

口臭の原因

口臭の原因は生理的口臭病的口臭に分かれます。

区分 口臭の原因 具体的な原因
生理的口臭 一般的な生理的口臭 (主に唾液量の減少による)加齢、起床、空腹、ストレス等
ホルモン等体内環境の変化による生理的口臭 妊娠、更年期等
嗜好品・食べ物などによる生理的口臭 ニンニク、アルコール、その他臭いの強い食べ物等
病的口臭 口腔内の疾患 舌苔、歯周炎等
耳鼻咽頭の疾患 慢性扁桃炎(≒膿栓)、咽頭の炎症、鼻腔炎等
内臓全般の疾患 糖尿病、腎臓疾患等

口臭の原因の一つが膿栓です。


特に炎症を起こして膿栓が頻繁に発生する状態は慢性扁桃炎と呼ばれています。

膿栓とは

膿栓と書いて「のうせん」と読みます。


喉の奥の方で出来上がり、咳やくしゃみをした時に飛び出してくる小さな塊です。


別名「臭い玉」とも呼ばれています。


玉のようにつるつると丸っぽくはなく、脳みそのようなシワが入った形状で、


色は黄色っぽかったり、白っぽかったりします。


これを手で潰すとすごい悪臭を放ちます。口臭の原因にもなっています。

臭い玉をうがいで除去可能か?

口臭の原因となる臭い玉なんて除去してしまいたいですよね。


臭い玉はどこにできるのでしょうか?


臭い玉は扁桃で出来上がります。


ここは喉の奥の方なので、自分で取るのはちょっと厄介です。


またデリケートな部分なので慎重に対応しないと大変なことになってしまいます。

臭い玉をうがいで除去できる?

臭い玉をうがいで除去できるか、の答えですが「取れなくもない。」という感じです。


色々な口コミを見ていると取れたという人と、取れなかったという人がいます。


個人差があるのかなと思います。


しかし手軽に除去できる方法でもありますので、試す価値はあるかも知れません。


臭い玉が取れたという口コミがあったうがいの方法をいくつかご紹介します。

多めの水でうがい

普段のうがいの時よりも多めの水を含みます。


その水が喉の奥まで届くようにがんばります。


そしてその水を吐き出す時ですが、水をいったん吐いたあとに喉の奥のほうから唾液を出します。


喉の奥の臭い玉をこそぎ取るイメージで行います。


上手くいけば唾液と一緒に臭い玉が出てきます。

オハうがい

ネットで紹介されて有名になったうがい方法です。


この方法も多めの水を口に含み、


「オーハーオーハー」と声に出しながらうがいをします。


その後はタンを切って出すイメージで喉に力を入れて吐き出します。

シャワー併用うがい

うがいをする水をシャワーにします。


そのシャワーで臭い玉を狙います。


それと同時にうがいをするように喉を鳴らします。


吐き出す時はタンを切るような感覚で「カッ!」と力を入れて吐き出します。


シャワーの水圧で臭い玉が少しでも取れやすくなっていれば、


より吐き出しやすいでしょう。

臭い玉を取るためのうがいでの注意点

うがいは臭い玉を自分自身で除去する方法としては安全とご紹介しましたが、


やり方を間違ったり、無理に行うと安全とは言えませんのでご注意ください。


口に水を多めに含んで行ううがいでは、


喉の奥の方にまで水を行き渡らせてうがいをするのですが、


上手くいかないとむせてしまったり、一瞬息が出来なくなったりして、


パニックになってしまうこともあります。


シャワーの方法でも直接狙うのですが、あまり長時間行うとむせ返ってしまいますので、


ダメだと思ったら潔く中止した方がよいでしょう。


うがいの方法はあくまでも「取れたらラッキー」くらいに考えておいてください。

臭い玉をより確実に除去する取り方は?

臭い玉が喉の奥にあるまま生活しているのはイヤですよね。


もし出来上がっていたら何としてでも除去したくなりますよね。


自分で安全に行う方法としては、先ほどご紹介した「うがい」による方法がおすすめです。


デリケートな喉の奥、扁桃を傷つけることもありません。


しかし、この方法で確実に臭い玉が取れる方はそれでいいのですが、


個人差がありますので、取りにくい、もしくは取れない人の場合は、


道具を使用する方法などの方が確実性はあります。


しかし素人がデリケートな喉の奥を道具で対処するのは大変危険です。


誤って傷つけてしまったり突いてしまったりすると大変なことになります。


うがいは取り組みやすい膿栓除去方法ですが、


それ以外にも口臭スプレーやマウスウォッシュによる口内除菌、


また症状がひどい場合は、病院で専門家の診察を受ける等、他の対応を考えるのも重要です。