Pocket

口臭の原因:口の奥の舌苔の原因と取り方!

こんにちは。


舌に白くて厚い、ザラザラしたものが気になるようになり、


それが、舌苔(ぜったい)というもので、口臭の大きな原因に


なってくることを知ってから、舌ケアを心がけるようになりました。


毎朝、起きた時に行うようにしているのですが、


お昼休みに、職場の化粧室で、歯磨きの後気になって舌ブラシでケアを


していると、同僚から声をかけられました。


最近、やはり舌に付いた白いものが気になっていた・・


ということでした。


そして、いろいろな舌ケアグッズを試しているそうです。


舌ケアグッズには、ブラシの他、スポンジやヘラなどいろいろな


種類があるので、試してみてやさしい肌触りであることとともに


自分に合っていて使いやすいものが大切だと思います。


きれいにしておきたい・・ばかりに、舌苔の落としすぎには


気をつけないといけませんね。

口臭の原因は舌苔?

人とのおつきあいをする中でとても、口の臭いはとても


気になりますね。


口臭の原因は生理的口臭病的口臭に分かれます。

区分 口臭の原因 具体的な原因
生理的口臭 一般的な生理的口臭 (主に唾液量の減少による)加齢、起床、空腹、ストレス等
ホルモン等体内環境の変化による生理的口臭 妊娠、更年期等
嗜好品・食べ物などによる生理的口臭 ニンニク、アルコール、その他臭いの強い食べ物等
病的口臭 口腔内の疾患 舌苔、歯周炎等
耳鼻咽頭の疾患 慢性扁桃炎(≒膿栓)、咽頭の炎症、鼻腔炎等
内臓全般の疾患 糖尿病、腎臓疾患等

口臭の原因には様々な要因がありますが、


注目を浴びている口臭の原因の一つが舌苔です。

舌苔とは

口が乾く、ドライマウスは、唾液の分泌が少なくなってしまうことで、


口内の細菌が、増えて舌苔の原因となります。


様々な原因とともに、ストレスや緊張することによって、


唾液が出にくくなることも多く、


今10人に1人は、ドライマウスに悩んでいるといわれています。


舌がきれいなピンクではなく、白くてカサカサすることで、


ドライマウスが進行し、口臭に繋がります。


舌の上についた、白色や黄色の汚れのことを舌苔といいます。


舌の表面や、突起のすき間についた食べカスや、粘膜などに


細菌の塊が、繁殖し、舌苔になります。

舌苔の種類

舌苔も白いものばかりではなく、色は、白色、黄色、そして黒色もあり


原因も、それぞれ異なります。


・白い舌苔・・・疲れが出た時や、口内炎、風邪や高熱が出たときや、睡眠不足やストレスがある。


ときなどに発生しやすく、自律神経の乱れも原因と考えられます。


・黄色い舌苔・・・タバコの吸い過ぎによるヤニ、慢性胃炎、消化不良、胃下垂、アレルギー疾患


などが原因となって発生することが多いです。


・黒い舌苔(黒毛舌)・・ 抗生物質などの薬を長く服用していることで発生することがあります


・舌苔がない・・・舌苔が全くないことは、代謝機能が衰えて、むくみが慢性化したり、


栄養状態が悪いなどが考えられます。


・まだらな舌苔(地図舌苔)・・・胃腸が弱っていたり、消化不良やビタミン、タンパク質不足


などが考えられます。

舌苔が発生する範囲

舌苔は、舌の表面の、乳頭の上や突起になった粘膜のすき間に


付く食べカスや、口や頬などから剥がれ落ちた雑菌が


繁殖しできますが、舌苔がたまっていって、乳頭や突起がどんどん


伸びて、汚れがたまってくると広さも大きくなっていきます。


このようにして、ひどくなってくると、舌の奥の方から出来てきた舌苔が


舌全体へと、広がってしまうのです。

舌の奥にたまりやすい舌苔

・殺菌作用のある唾液は、舌の奥には行き渡りにくい。


・口が乾燥してくると唾液が減少したり口呼吸になったりして喉に細菌が増殖してしまう


・喫煙が習慣になると、免疫力が下がったり口内の乾燥が進む。


・歯磨きが、行き届かないと喉や舌が汚れてしまう。


・舌の付け根や、喉の奥の乳頭には食べかすがたまりやすい。


舌の奥は、どうしても舌ケアがしにくいのですが、余分な舌苔は取り除いて


口内を衛生的に保っていきたいものですね。

口の奥の舌苔除去方法

舌苔を除去するメリット

歯や頬など口内の細胞組織の老廃物や食べカスを取り除くことで、


細胞の繁殖を防いでくれます。


また、舌を磨くなど、舌苔ケアをすることで唾液腺も刺激されて


唾液分泌を促してくれます。

舌の汚れを取っていく

舌の粘膜はデリケート

舌の粘膜は、とてもデリケートです。


歯ブラシで磨くと、舌を傷つけてしまうことが


あるので、柔らかい舌専用のブラシで磨くようにします。


また、舌苔は、デリケートな舌の粘膜を守る役割も果たすので


取り過ぎないことも大切です。

1日1回起床時に行う

朝、起きた時の、1日に1回、5分以内の舌ケアを心がけます。


朝起きた時は、口の中がネバネバしていて不快感を感じることがありますが、


寝ている間、口を動かさないので、唾液の分泌がなくなり


睡眠中の口内の細菌は激増してしまいます。


こういうことから起床時に、行うことが大切なのです。

舌ブラシで舌苔を取っていく

舌ブラシは、舌を傷つけないように、柔らかい素材のもので、


舌の奥まで磨くことができるように、柄の長さがあるものを選びます。


1.鏡を見ながら、舌の奥を見ることができるように舌を十分前に


出して舌苔のある箇所を見ます。


2.舌ブラシを水で濡らして、1番奥側から力を入れずに


ゆっくり手前へと引いていきます。


3.舌ブラシをい、水で濡らしながら数回繰り返します。


汚れ残しが気になることもありますが、あせらずに


毎日繰り返していくことが大切です。


奥に舌ブラシを入れると、吐き気の誘発が気になることが


ありますが、その間だけ息を止めておくと楽に行うことができます。

食べ物で舌苔を取る

・はちみつで取る。


食べカスや、歯や頬から剥がれ落ちた塊が集まった舌苔は、タンパク質で作られています。


はちみつには、成分の中に含まれるプロテアーゼがタンパク質を分解する働きがあります。


またはちみつには、殺菌作用もあるので、舌苔にははちみつは効果的です。


・パイナップル、キウイ、パパイヤなど酵素を含む食べ物


酵素も同じく、タンパク質を分解する働きがあります。


舌苔の除去を行っていくことと共に、生活習慣も見直すことも大切です。

生活習慣・口内環境を見直す

・食後、食べカスが口内に残ると細菌は、増殖していくのでていねいに歯を磨いてしっかり取り除く。


・食後、マウスウォッシュでゆすぎ、口内の保湿を心がける。


・口臭スプレーで直接舌へ噴霧して、舌の殺菌を行い発生を減少させる。


・睡眠不足や疲れがたまると免疫力が低下して細菌が増殖するので規則正しい生活を。


・ストレスがたまると自律神経が乱れ、唾液の分泌が減少するので適度のストレス発散を。


舌苔の除去+正しい生活習慣 で口内環境を衛生的に保っていきたいですね。