Pocket

舌苔つきやすい食べ物は何?舌苔が付く原因を知りたい!

こんにちは。


舌の白いブツブツが、気になったことありませんか。


私は、舌の感触に、違和感を感じて気になっていました。


朝起きると、口がとても乾燥をしていて


口の奥の方からの臭いが気になっていたころです。


鏡を見てみると舌に、厚くて白いブツブツがあることに気づきました。


ピンク色ではなくて、白いザラザラの感じは気になるし


これが、息の臭いに影響をしているのでは? とネットで調べてみると、


これが、舌苔といい、やはり口臭の大きな原因となっていることがわかったのでした。


 

舌苔は、口臭の原因になるとともに、体の調子が悪くても舌苔に、現れてくることもあり


健康のバロメーターのような役割も果たしていたりするので要チェックです。

口臭の原因は舌苔?

人とのおつきあいをする中でとても、口の臭いはとても気になりますね。


口臭の原因は生理的口臭病的口臭に分かれます。

区分 口臭の原因 具体的な原因
生理的口臭 一般的な生理的口臭 (主に唾液量の減少による)加齢、起床、空腹、ストレス等
ホルモン等体内環境の変化による生理的口臭 妊娠、更年期等
嗜好品・食べ物などによる生理的口臭 ニンニク、アルコール、その他臭いの強い食べ物等
病的口臭 口腔内の疾患 舌苔、歯周炎等
耳鼻咽頭の疾患 慢性扁桃炎(≒膿栓)、咽頭の炎症、鼻腔炎等
内臓全般の疾患 糖尿病、腎臓疾患等

口臭の原因には様々な要因がありますが、


注目を浴びている口臭の原因の一つが舌苔です。

舌苔とは

口が乾く、ドライマウスは、唾液の分泌が少なくなってしまうことで、


口内の細菌が、増えて舌苔の原因となります。


様々な原因とともに、ストレスや緊張することによって、


唾液が出にくくなることも多く、


今10人に1人は、ドライマウスに悩んでいるといわれています。


舌がきれいなピンクではなく、白くてカサカサすることで、


ドライマウスが進行し、口臭に繋がります。


舌の表面や、突起のすき間についた食べカスや粘膜などに


細菌の塊が繁殖し、舌苔が発生します。

舌苔の種類

舌苔も白いものばかりではなく色は、白色、黄色、そして黒色もあり


原因も、それぞれ異なります。


白い舌苔・・・疲れが出た時や、口内炎、風邪や高熱が出たときや、睡眠不足やストレスがある時などに発生しやすく


自律神経の乱れも原因と考えられます。


(予防方法) 適度なストレス発散や、質のよい睡眠をとるように心がける。


・黄色い舌苔・・・タバコの吸い過ぎによるヤニ、慢性胃炎、消化不良、胃下垂、アレルギー疾患


などが原因となって発生することが多いです。


(予防方法)タバコの吸い過ぎに注意し、暴飲暴食をやめたり、冷たいものや、


消化の良いものを食べて胃を休めます。


・黒い舌苔(黒毛舌)・・ 抗生物質などの薬を長く服用していることで発生することがあります


(予防方法)かかりつけのお医者さんに相談することが大切です。


・舌苔がない・・・舌苔が全くないことは、代謝機能が衰えて、むくみが慢性化したり、


栄養状態が悪いなどが考えられます。


(予防方法)栄養バランスのとれた食事を摂ったり、生ものや、冷たいものは避けて、


温かいものを食べるようにします。


食生活の偏り・・・ビタミン・タンパク質不足などが考えられます。

 

 


(予防方法)ビタミン類をとりいれ、バランスのとれた食事を摂るように気をつけます。

発生しやすい年齢は?

年齢を重ねるごとに、唾液分泌が少なくなっていきます。


そしてそのことによって、口内の細菌が増えていきます。


また、舌の筋力も低下しやすくなり、口を閉じている時の舌の位置が


通常より下がってしまいます。


舌の位置が低い状態になると、口が開きやすく、口内が乾燥しやすい状態になってしまいます。


これらのことから、40代を境目として年を重ねるごとに口内に細菌が繁殖しやすく、


口苔も発生しやすくなっていきます。

舌苔は、男性と女性どちらが発生しやすい?

女性と舌苔

ホルモンのバランスが乱れたり、減少することで、唾液の分泌量が減り、口内の細菌が


増殖したり、免疫力が低下して口内炎や歯肉炎を起こしやすくなったり、舌苔が発生


しやすくなります。


ホルモンのバランスが崩れる月経期、妊娠期、閉経期は、ホルモンが減少していったり


と唾液の分泌量が減り、舌苔が増していくことが多くみられます。

男性と舌苔

一方男性の場合は、年を重ねるごとに、ホルモンは減少していきますが、ゆるやかで


安定しています。


しかし、ストレスでの自律神経の乱れや喫煙、アルコールの摂りすぎなどで唾液の分泌


が減少して舌苔が発生が増す原因となっています。

舌苔がつく原因は?

口腔内は、約3000種類の口腔常在菌がいますが、食べカスや最近の剥がれた死骸を


分解する役割を持っています。


健康な人で、約1000億個で、口腔レンサ球菌とナイゼリアという病理性のない細菌です。


これらの細菌数は、一定に保たれていますが、唾液の分泌が減少したり、免疫力が低下


した時に、悪玉菌が増え、舌苔が発生していきます。

主な原因

・唾液分泌が不足

唾液が減少して、口内が乾燥し、汚れや細菌が、たまって舌苔が発生します。


・歯磨きの不足

食べカスが、舌や頬など口内に残ってしまうと、必要以上の常在菌が増えてしまいます。


・口呼吸

口呼吸をすることで、口内が乾燥し、細菌が増殖することによって、舌苔が増えることになります。


・ストレスや緊張などによる自律神経の乱れ

自律神経が乱れることで、唾液の分泌が減少して舌に汚れがたまって、舌苔が


発生することになります。

舌苔の原因となる食べ物は?

口内の細菌は、口内を、酸性に変える、牛乳や肉類などタンパク質が好きです。


・硬い食べ物を食べる


唾液には、食べ物を消化する働きをする酵素が含まれていますが、


食べ物を、よく噛んで食べることで、唾液が細かく砕かれた食べ物と混ざり合い、


胃腸の負担を軽くすることができ、舌苔の発生を減らすことができます。


また、よく噛むことによって唾液の分泌量が増えて、唾液によって


舌の汚れを洗い流してくれます。

舌苔がつかないようにする解決策

歯ブラシで磨く

食べカスが口内に残ると、口内の雑菌が増殖してしまいます。


食後は、丁寧に歯を磨いて、食べカスなどを取り除いていきたいですね。

舌ブラシで舌苔を取る

付着してしまった舌苔は、舌専用の舌ブラシで落としましょう。


舌は、とてもデリケートなので、朝起きた時1回を心がけます。

舌ブラシのポイント

・柔らかい素材


・舌の奥までしっかりと磨けるように柄がついているもの

舌ブラシの磨き方

1.鏡を見ながら、舌を出して舌の奥から手前に掻き出すような感じで


数回取り除いていきます。

口臭スプレー

殺菌作用のある液体を直接舌苔へ、噴霧します。


舌の雑菌をしっかり殺菌して舌苔の発生を減少させていきたいですね。


生活習慣を改善する

ストレスや睡眠不足や疲れがたまることで、自律神経が乱れたり免疫力が低下したりして、


唾液の分泌が減少したり、細菌が増殖したりして舌苔が増してしまいます。


規則正しい生活をして、健康管理をしっかり心がけたいですね。


また、適度の飲酒と喫煙も、心がけていきましょう。

舌苔を発生させにくい食べ物

舌苔がつかないようにするには、食べ物をよく噛んで食べ、唾液の分泌量を増やすことが


とても大切であることが分かります。


これとともに、舌苔の成分である、頬や舌などの粘膜からはがれた細胞や


食べかすなどに含まれるタンパク質は、最近の大好きなエサとなりますが、


減少させて舌苔の発生を阻止する食べ物もあります。


・パイナップル


・キウイ


・パパイヤ


・はちみつ


これらには、タンパク質を分解する酵素が含まれているので


食べることによって、最近のタンパク質を分解して細菌の増殖を


減少させることができます。


舌苔の大きな原因ともいわれている、唾液の分泌を促進すること


ともに、これらの食べ物を積極的に摂って、舌苔の発生を改善していきたいですね。


舌苔の雑菌をしっかり殺菌し、舌苔の発生を減少させていきたいものです。