Pocket

コンクールリペリオは歯肉炎・口臭に効果がある?副作用は?

こんにちは。


数年前から自分の口臭を自覚して様々な口臭ケアを行ってきました。


主に食事後の歯磨きやマウスウォッシュ、お茶のうがいを中心に対策をしてきました。


口臭ケアをしていると臭い以外に口内環境の色々なところが気になります。


歯の黄ばみ、歯垢は口臭の原因ですので念入りに歯磨きをしますし、


舌苔が発生していないか、舌の状態も念入りにチェックするようになりました。


もう一つ気になるは歯茎や歯肉の状態です。


多くの口腔ケアアイテムは口内の殺菌や歯のケアに注力していますが、


歯肉・歯茎に焦点をあてた珍しい口腔ケアアイテムが


コンクールリペリオです。

コンクールの商品概要

コンクール製品の概要

コンクールとは1990年に発売されて以来、


多くの歯科医師、歯科衛生士から推奨されているシリーズです。


コンクール製品のラインナップを表にまとめました。


歯磨き、マウスウォッシュ等幾つかの製品が販売されています。

効能 主成分 使用法タイプ カテゴリー
コンクールF 虫歯、歯肉炎、歯槽膿漏予防、口臭防止 グルコン酸クロルヘキシジン(殺菌剤) マウスウォッシュ 医薬部外品
ジェルコートF 虫歯、歯肉炎、歯周炎予防、口臭防止、コーティング 塩酸クロルヘキシジン、フッ素 歯磨きジェル 医薬部外品
ジェルコートIP 虫歯、歯肉炎、歯周炎予防、口臭防止(インプラント向け) 塩酸クロルヘキシジン、酢酸トコフェロール 歯磨きジェル 医薬部外品
リペリオ 歯肉炎、歯周炎予防、口臭防止、歯肉活性化 OIM加水分解コンキオリン(湿潤剤) 歯磨き剤 医薬部外品
クリーニングジェル<ソフト> ホワイトニング 高機能シリカ(清掃剤)、サンゴパウダー(研磨剤) 歯磨き剤 医薬部外品
マウスリンス ドライマウス ホエイタンパク[牛乳](湿潤剤)、ヒトオリゴペプチドー1(保湿剤) デンタルリンス 口腔化粧品
マウスジェル ドライマウス 上欄と同様 マウスジェル 口腔化粧品

コンクールブランドから販売されている歯磨き剤は「コンクールリペリオ」と


「コンクールクリーニングジェル」です。


「コンクールリペリオ」・「コンクールクリーニングジェル」ともに


化粧品と比較して強い有効成分が配合されている医薬部外品のカテゴリーに分類されています。

コンクール リペリオの位置づけ

コンクールリペリオはコンクール製品のなかでは殺菌成分を主な成分としておらず、


細菌除去などの観点から口臭予防する製品ではありません。


リペリオに含まれるのは


・湿潤成分


・歯茎の引き締め成分


・清涼成分


などをおもな成分としており、


歯肉を活性化することによって、歯茎トラブルを予防、改善し、


口臭を抑えるアイテムです。


使用方法は歯磨き粉と同様の方法で、


歯磨き時により歯と歯の間、歯肉を中心に磨くよう推奨されています。


またコンクールFとの併用によって、


より大きな効果を得ることができるとされています。


すなわちリペリオの位置づけは


・歯肉活性化を重点に置いたケアアイテム


・殺菌成分のあるものとの併用で、互いに補い合う相互作用アイテム


となります。

コンクールリペリオの特徴

リペリオは医薬部外品の歯磨き剤に属します。


医薬部外品とは簡単に言うと、化粧品に対して、


歯磨き剤のなかでも、より有効成分を含んでいるものを指します。


では、リペリオの歯磨き剤としてはどのような特徴を持っているのかご紹介します。


リペリオの特徴は前述に歯肉活性化にあります。


歯肉活性化を重点に置いた歯磨き剤はほかにあまりありません。


歯肉活性化をすることは、口内トラブルの改善、予防に大きく役立ちます。


また研磨剤を含んでいないのもリペリオの特徴といえます。


研磨剤は歯を傷つける可能性があるので、最近の製品では、


低研磨使用のものが増えている傾向にあります。

コンクールリペリオの口コミ・評価

コンクールリペリオの効果に関する良い口コミ

・コンクールリペリオを使用し始めて、かかりつけの歯科医を尋ねたところ、


歯茎の状態が良くなっていると言われました。


・歯磨きを終えると、いつも血だらけで心配だったのですが、


使用を始めて1か月、血が出なくなるようになりました。


・歯茎が引き締まる感じがします。使用後のスッキリ感がとても良いです。


などの口コミがありました。


多く見受けられたの、出血の量がへった、歯肉状態が良くなったなどの、


歯肉活性化に効果を感じられたものでした。


少数ではありますが、使用のしやすさ、スッキリ感、口臭のケアができた言うものも見られました。

コンクールリペリオの効果に関する悪い口コミ

・1年間使用をしてきましたが、歯茎が元気になったようには思えません。


・効果が感じられない、量の割に高すぎる。


・磨いた感じが全然しない、これに効果があるとは思えない。


などの口コミがありました。


今度は逆に歯肉に対して効果が全く得られないような意見もありました。


また、歯磨き剤としてあまり、使用感が好まれない傾向にある意見がありました。


総じて。個人差はあれど一定の効果は得られるのかもしれません。


リペリオの副作用

リペリオの成分の多くはほかの歯磨き剤でも使用されている成分になります。


その中でも主な成分として


・OIM加水分解コンキオリン(湿潤剤)


・塩化ナトリウム(薬用成分)


・ビタミンE(抗酸化剤)


・生薬(清涼剤)


が含まれています。


塩化ナトリウムは簡単に言うと塩です。


ビタミンE 、生薬は特に人体に影響はありません。


聞きなれないOIM加水分解コンキオリンですが、


これは軟体動物の外皮などからとられるたんぱく質で、人体には影響ありません。

最も注意すべきマウスウォッシュのデメリットは何…?

コンクールは魅力的な口臭ケアアイテムですが、


注意すべきデメリットがあります。


そのデメリットは他のマウスウォッシュにも当てはまるデメリットです。


それは


有効成分の一部しか口内表面に接しないので、十分に殺菌出来ないこと


です。


舌を中心に口内の表面上に口臭の原因となる細菌は付着しています。


マウスウォッシュは数十mlの洗浄液を口に含みますが、


有効成分が口内に接触するのは一部で、かつ全てが口腔に触れる訳ではありません。


口臭ケアを徹底するなら、より雑菌の殺菌力の高い口臭ケアアイテムを選びたいです。


そんなマウスウォッシュのデメリットを解消した口臭ケアアイテムが


オーラクリスタ―ゼロです。


・口臭スプレーなので、有効成分を満遍なく口内に噴霧出来る。


・殺菌率の高い有効成分が配合されている。


・口臭スプレーなので、場所を選ばずどこでも使用できる。

オーラクリスタ―ゼロをおススメする理由

理由① 口臭の原因である舌苔へスプレーで直接ふきかける。

様々な口臭ケアアイテムが販売されています。
 
サプリメント、歯磨き剤、マウスウォッシュ等です。
 
一方で、口臭の原因の6割は舌(舌苔の発生)にあると言われています。
 
オーラクリスタ―ゼロはスプレー形式で、
 
口臭源の殺菌効果のある液体を直接噴霧します。
 
口臭の原因となる細菌をより確実に殺菌します。

理由② 医薬部外品成分が配合されている。

どんなに口臭に悩んでいても、口臭外来に通うのは勇気とお金と時間が必要です。
 
口臭外来は安くても数万円から数十万円必要ですし、
 
何より友人や同僚から口臭で病院に通っているとは絶対に思われたくありません。
 
オーラクリスタ―ゼロには、口臭に効果があるとされる医薬部外品成分が
 
複数配合されています。
 
ドラッグストア等で販売されている市販品より確実に口臭の原因に対処できます。

理由① 今なら27%オフ~50%オフでお得に購入可能

オーラクリスタ―ゼロは通常、都度購入であれば定価4,880円です。
 
今なら定期1本コース~3本コースで、27%から50%オフで購入可能です。
 

コメントを残す