Pocket

モンダミンとGUMの比較・口臭ケアに最適なマウスウォッシュはどちら?

こんにちは。


電車の中の息の臭い、気になります。


朝、電車に乗り遅れそうになり、ダッシュで電車へ駆け込みました。


息も絶え絶え。


やっと少し落ち着いて前を向くと、高校時代の友達が目の前にいました。


まだ息は止まらず、電車の中で簡単な挨拶を交わしただけでしたが


自分の息の臭いが、とても気になりました。


朝は、念入りに歯磨きはしているのですが、


「朝の口の臭い」は、一番気になります。


もちろん、会社に着いてからも、必ず、洗面所に行って


マウスウォッシュで口をすすぎます。


小さな入れ物に入れたマウスウォッシュは、私にとって


欠かせないアイテムとなっています。


様々なマウスウォッシュを使用してきましたが、


使用感の良いマウスウォッシュはモンダミンとGUMです。


モンダミンとGUMの成分等について比較しました。

モンダミン(アース製薬)

モンダミンの商品概要


アース製薬から販売され、ペパーミントの味をベースに、


ノンアルコール、低刺激性のものもあり、自分に合わせて選ぶことができます。


子供向けにも販売して日本では絶大な人気があるお口ケアの製品です。


・モンダミンペパーミント


・モンダミンストロングミント


・モンダミンセンシティブ


・モンダミンプレミアムケア (医薬部外品)


・モンダミンプレミアムケアセンシティブ (医薬部外品)


に加えて、歯肉炎や、歯茎などのケアに力を入れた


・モンダミン メディカルケア (医薬部外品)


・モンダミン メディカルケア ハグキEX (医薬部外品)


の7種類があり、


汚れの洗浄を補助する成分、TPP(トリポリリン酸)や


歯磨き粉などに使われている、キシリトール、


イオンコーティング(tepp)などを配合し、


口内環境を整えて、口臭予防や虫歯予防に効果を発揮しています。


また、この中の医薬部外品のモンダミンでは、


・殺菌成分のCPC(セチルピリジニウム塩化物水和物)


・抗炎症成分のGK2(グリチルリチン酸ジカリウム)


・出血予防成分のTXA(トラネキサム酸)の3種類の薬用成分を配合して


歯周病も予防しています。

GUM(サンスター)

GUMの商品概要

歯のケアとしては歴史を持つ、老舗サンスターから販売され、


デンタルペーストの歯磨き粉・歯ブラシ・口、のど用のスプレー


・歯間ブラシ、デンタルドロップなど


口の健康を考えたお口ケア商品が出されています。


この中のデンタルリンス(洗口液)としては、


サンスターGamuは、「80歳まで20本歯を残そう。をスローガンに殺菌による原因療法」と


いうことをスローガンを上げて歯周病に取り組んできましたが、


デンタルリンス(洗口液)は、その特化したものになっています。


・ガム デンタルリンス(液体歯磨き)


・ガム・デンタルリンスナイトケア(洗口液)


・ガム デンタルリンスAC(液体歯磨き)


の3種類が出されています。


モンダミンとGUMの比較

モンダミンの中でも、口臭予防とともに、歯肉炎や歯茎の炎症を防ぎ歯周病予防に


評判があるモンダミンメディカルケアと、GUMのデンタルケアを比べてみました。

  商品名 モンダミンメディカルケア ガム・デンタルリンス
 有効成分

(共通)

セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)、グリチルリチン酸ジカリウム(GK2) セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)、グリチルリチン酸ジカリウム(GK2)
有効成分

(非共通)

 トラネキサム酸(TXA)  塩化ビンザルコニウム(BKC)
 特徴 歯肉炎の予防、出血を防ぐ、歯垢の付着予防、口臭予防、口内浄化、口内を爽快にする 歯周病(歯肉炎、歯周炎)予防、口臭防止、長時間殺菌、歯と歯茎へのコーティング
 カテゴリー 洗口液 液体歯磨き
 使用方法 口に含んですすいでから吐き出す 口に含み馴染ませた後歯磨き
 価格 1000ml 700円 960ml 873円位

含まれている薬用成分、CPC(塩化セチルピリジニウム)、GK2(グリチルリチン酸)は


モンダミン、GUM共通です。


セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)、グリチルリチン酸ジカリウム(GK2)の


成分概要は以下の通りです。

セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)

抗菌作用がある成分で、ブドウ球菌などに対する強い殺菌作用があります。


口内の殺菌を目的としたトローチやのどの殺菌のためのうがい薬など、医薬品


に幅広く使われていますが、副作用などの報告はされていません。

グリチルリチン酸ジカリウム(GK2)

カンゾウ(甘草)という生薬に含まれる成分のカリウム塩で、


すぐれた消炎作用があります。かぜ薬やトローチ、点眼薬など幅広く使用されている成分です。



GUMのみ配合されている薬用成分は塩化ベンザルコニウムです。

塩化ベンザルコニウム

一般的な『逆性石鹸液』の有効成分として用いられています。


消毒液などと配合される成分で、コンタクトレンズの洗浄液などにも


使用されています。


この成分が新しく加わったことで歯と歯のコーティング効果がアップしました。


それぞれ、点眼薬や、うがい薬など幅広く医薬品に使われていますが、副作用は報告されず


安心して使用できるといえるでしょう。

刺激性

ガムデンタルリンスでは、刺激性が高めのものから、低刺激性のもの、


アルコール、ノンアルコールのあるものが出されているので


自分の体質に合わせて選ぶことができます。


モンダミンメディカルケアには、アルコールが配合されていますが、モンダミン製品では、この他にも


ノンアルコールの製品などたくさんの種類があるので、刺激性など好みによって選べますね。

最も注意すべきマウスウォッシュのデメリットは何…?

リステリンやGUM等マウスウォッシュは魅力的な口臭ケアアイテムですが、


注意すべきデメリットがあります。


そのデメリットは他のマウスウォッシュにも当てはまるデメリットです。


それは


有効成分の一部しか口内表面に接しないので、十分に殺菌出来ないこと


です。


舌を中心に口内の表面上に口臭の原因となる細菌は付着しています。


マウスウォッシュは数十mlの洗浄液を口に含みますが、


有効成分が口内に接触するのは一部で、かつ全てが口腔に触れる訳ではありません。


口臭ケアを徹底するなら、より雑菌の殺菌力の高い口臭ケアアイテムを選びたいです。


そんなマウスウォッシュのデメリットを解消した口臭ケアアイテムが


オーラクリスタ―ゼロです。


・口臭スプレーなので、有効成分を満遍なく口内に噴霧出来る。


・殺菌率の高い有効成分が配合されている。


・口臭スプレーなので、場所を選ばずどこでも使用できる。

オーラクリスタ―ゼロをおススメする理由

理由① 口臭の原因である舌苔へスプレーで直接ふきかける。

様々な口臭ケアアイテムが販売されています。
 
サプリメント、歯磨き剤、マウスウォッシュ等です。
 
一方で、口臭の原因の6割は舌(舌苔の発生)にあると言われています。
 
オーラクリスタ―ゼロはスプレー形式で、
 
口臭源の殺菌効果のある液体を直接噴霧します。
 
口臭の原因となる細菌をより確実に殺菌します。

理由② 医薬部外品成分が配合されている。

どんなに口臭に悩んでいても、口臭外来に通うのは勇気とお金と時間が必要です。
 
口臭外来は安くても数万円から数十万円必要ですし、
 
何より友人や同僚から口臭で病院に通っているとは絶対に思われたくありません。
 
オーラクリスタ―ゼロには、口臭に効果があるとされる医薬部外品成分が
 
複数配合されています。
 
ドラッグストア等で販売されている市販品より確実に口臭の原因に対処できます。

理由① 今なら27%オフ~50%オフでお得に購入可能

オーラクリスタ―ゼロは通常、都度購入であれば定価4,880円です。
 
今なら定期1本コース~3本コースで、27%から50%オフで購入可能です。
 

コメントを残す