Pocket

モンダミンプレミアムとリステリンで口臭ケアに効果的なのはどっち?おススメは?

こんにちは。


私の仕事は事務職なのですが、


場合によっては会議に出席することがあります。


会議室がそんなに大きくないので、


隣の上司や同僚との距離が近くなります。


そんなときに

隣の上司や同僚は顔には何も出さないですが、


何か臭うと思っていないかと。


自分の口臭がすごく気になります。


私が口臭予防に使ったことがあるアイテムのひとつにモンダミンがあります。


モンダミンは複数の種類があり幾つか試してみました。


その中で1番いいなと思ったのがモンダミンプレミアムケアでした。


同じような商品でリステリンも試しました。


どちらも洗口液という同じ口臭ケアカテゴリーの商品ですが、どっちが効果的なのでしょうか?


私の個人的な経験も含めて、モンダミンプレミアムケアとリステリンを


色んな角度で比較してみましたのでご紹介します。

モンダミンプレミアムケアの商品概要

 

モンダミンプレミアムケアという商品はモンダミンのシリーズの一つです。


モンダミンは全部で5種類あります。


・モンダミン プレミアムケア


・モンダミン プレミアムケア センシティブ


・モンダミン ペパーミント


・モンダミン ストロングミント


・モンダミン センシティブ


全て洗口液と呼ばれる口臭ケア商品で、使う人の悩みによって使い分ける感じです。


モンダミンプレミアムケアが他のモンダミンと異なる最も大きな点は薬事法上の商品カテゴリーです。


商品名 商品カテゴリー(薬事法)
プレミアムケア、プレミアムケアセンシティブ 医薬部外品
ペパーミント、ストロングミント、センシティブ 化粧品

他の3種類のモンダミンは化粧品という扱いに対して、


モンダミンプレミアムケア、モンダミンプレミアムケアセンシティブは医薬部外品となります。

医薬部外品と化粧品の違い

口臭ケア用品は薬事法によって、


「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類されます。


医薬品は病気の治療を目的とした薬のことで、


厚生労働省が認めた効果のある有効成分が配合された書品です


医薬部外品は厚生労働省が認めた効果のある有効成分が一定の濃度で配合されています。


医薬部外品の目的は治療ではなく、主に防止・衛生です。


化粧品は、医薬部外品と比較しても、


更に限定された効果・効能を持っている商品です。

モンダミンプレミアムケアの位置づけ

モンダミンプレミアムケアはモンダミンの中でも


商品カテゴリーが異なるくらい有効成分がしっかり含まれている商品ということになります。


モンダミンプレミアムケアにはセンシティブというものもあります。


これはモンダミンプレミアムケアの低刺激ノンアルコール版となります。


刺激が苦手な方はこちらを使うことをおすすめします。

リステリンの商品概要

リステリンはいわばモンダミンのライバル的な存在の口臭ケア商品です。


種類はモンダミンより2種類多い8種類です。


・ クールミント ゼロ


・オリジナル


・フレッシュミント


・クールミント


・ナチュラルケア


・ターターコントロール


・トータルケア※


・トータルケアゼロ※


※印の付いた2種類だけが液体歯磨きとなります。


他の6種類はモンダミンと同じ洗口液です。


リステリンで口臭ケアに1番効果があるといわれているのが、


液体歯磨きのトータルケアです。

モンダミンプレミアムケアとリステリンの比較

では、モンダミンプレミアムケアとリステリンは、どちらが口臭ケアに効果があるのでしょうか?


リステリンは口臭ケアに1番効果があるといわれているトータルケアを、

 


モンダミンプレミアムケア リステリントータルケア
有効成分 セチルピリジニウム塩化物水和物(CPC)、トラネキサム酸(TXA)、グリチルリチン酸ジカリウム(GK2) 1,8‐シネオール、塩化亜鉛、チモール、サリチル酸メチル、ℓ-メントール(溶解補助剤)ポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリコール
特徴 口臭予防、むし歯予防、歯肉炎予防、出血予防、歯垢付着予防、口中浄化、口中爽快と7つの効果がある。 口臭予防、歯垢付着予防、歯肉炎予防、ネバつき予防、着色予防、歯石予防と6つの効果がある。
副作用 特になし 特になし
ジャンル 洗口液 液体歯磨き
使用方法 歯磨き後や口臭が気になる時に口に含ませてすすぐだけ 口に含ませ馴染ませた後にブラッシングが必要
実売価格 1080mLで700円前後 1000mLで800円前後

 

モンダミンプレミアムケアとリステリントータルケアの違いで主なポイントは以下の3点です。


①モンダミンプレミアムには殺菌成分としてCPC(塩化セチルピリジニウム)が含まれる。


②使い方が異なる。モンダミンは洗口液、リステリンは液体歯磨き


③リステリンは刺激性が強い。


以下、それぞれご紹介します。

CPC(塩化セチルピリジニウム)が含まれる

有効成分としては、リステリンが1番種類が多いですが、


口臭予防に関して言えば、モンダミンとナイトケアには殺菌成分「CPC」が含まれています。


口臭の原因には様々な要因がありますが、


口臭の原因の6割は口内、特に舌の上で発生する雑菌が原因だと言われています。


CPCとは、塩化セチルピリジニウムのことで、強力な殺菌作用と抗カビ作用を持っている薬用成分です。


 

口臭に関係する歯や歯茎の病気、口臭予防効果があるとされている薬用成分です。

使用方法が異なる(洗口液・液体歯磨き)

使用方法もモンダミンとリステリンで異なります。


リステリンは歯磨きとなります。


歯磨きをすることで口内をキレイにしますから、その点では口臭予防効果はあると思います。


しかしモンダミンやナイトケアのようにクチュクチュペッっとすすぐだけではないので手軽さはないです。


またナイトケアは名前の通り夜寝る前だけに使用するので、


こちらもいつでも手軽にという感じではないです。

リステリンはかなり刺激が強い

リステリンはどちらかというと強烈なメントール臭で口臭を押さえているイメージです。


洗口液を使ったことがない人がリステリンを使うとあまりにも強い刺激で、


口の中が痛いと感じるという口コミも散見されます。慣れていない方にはモンダミンの方が良いでしょう。

最も注意すべきマウスウォッシュのデメリットは何…?

モンダミンプレミアムケアは魅力的な口臭ケアアイテムですが、


注意すべきデメリットがあります。


そのデメリットは他のマウスウォッシュにも当てはまるデメリットです。


それは


有効成分の一部しか口内表面に接しないので、十分に殺菌出来ないこと


です。


舌を中心に口内の表面上に口臭の原因となる細菌は付着しています。


マウスウォッシュは数十mlの洗浄液を口に含みますが、


有効成分が口内に接触するのは一部で、かつ全てが口腔に触れる訳ではありません。


口臭ケアを徹底するなら、より雑菌の殺菌力の高い口臭ケアアイテムを選びたいです。


そんなマウスウォッシュのデメリットを解消した口臭ケアアイテムが


オーラクリスタ―ゼロです。


・口臭スプレーなので、有効成分を満遍なく口内に噴霧出来る。


・殺菌率の高い有効成分が配合されている。


・口臭スプレーなので、場所を選ばずどこでも使用できる。

オーラクリスタ―ゼロをおススメする理由

理由① 口臭の原因である舌苔へスプレーで直接ふきかける。

様々な口臭ケアアイテムが販売されています。


サプリメント、歯磨き剤、マウスウォッシュ等です。


一方で、口臭の原因の6割は舌(舌苔の発生)にあると言われています。


オーラクリスタ―ゼロはスプレー形式で、


口臭源の殺菌効果のある液体を直接噴霧します。


サプリメントや他の口臭対策をして、


効果がなかった方にぜひ試して頂きたい商品です。

理由② 医薬部外品成分が配合されている。

どんなに口臭に悩んでいても、口臭外来に通うのは勇気とお金と時間が必要です。


口臭外来は安くても数万円から数十万円必要ですし、


何より友人や同僚から口臭で病院に通っているとは絶対に思われたくありません。


オーラクリスタ―ゼロには、口臭に効果があるとされる医薬部外品成分が


複数配合しています。


ドラッグストアで販売されている市販品で十分な口臭対策を出来なかった方にとって


試してみる価値のある商品です。

理由① 今なら27%オフ~50%オフでお得に購入可能

オーラクリスタ―ゼロは通常、都度購入であれば定価4,880円です。


今なら定期1本コース~3本コースで、27%から50%オフで購入可能です。

 

最新の特典情報を知りたい方は以下のリンクから確認出来ます。