Pocket

妊娠中の口臭の原因は?妊婦の口臭対処法!

 

 

妊娠中の女性は女性ホルモンのバランスの変化によって


デリケートになり様々な症状が現れます。


そのひとつとして食生活、口の中の状態の変化もしやすくなります。


酸っぱいものが食べたくなったり食欲がなくなったり、甘いものが食べたくなったり、と


妊娠中、食べ物の好みや食生活が変わりやすくなり口内に変化がみられ口腔内のトラブルを


起こしやすく口臭に悩む妊婦さんも多く見られます。

妊娠中の口臭の原因は?

1.唾液が減少する

妊娠中は女性ホルモンのバランスの変化によって唾液の分泌が減少します。


唾液は、洗浄作用、口内菌を殺菌する殺菌作用があり、大切な役割をしますが、唾液


の分泌が減少することで口内菌が増殖してしまうことになってしまいます。

2.口の中がアルカリ性から酸性になる

酸は歯を溶かしやすく口内環境を悪くしてしまいます。

3.歯磨きが不足しがちに

つわりなど口の中に歯ブラシを入れることで気分が悪くなるなどで歯磨きが不足しがち


になり口内ケアが行き渡らなくなります。


このように妊娠中は口内が悪化しやすい環境がそろってしまうことになり


虫歯、歯周病になりやすくなったり舌苔が溜まったりと口臭が強くなる原因と


なっていきます。


妊娠中は、どうしても口臭が強くなりがちであることを意識しながら


口の中の清潔を保っていきたいですね。

口臭を予防するには

・水分の補給をする

唾液が減少しているので口の中は乾燥しがちです。


口内菌の増殖を防ぐため、

・ガムを噛む

咀嚼によって唾液の分泌を促します。


虫歯予防にもなるキリシトール入りのガムがおすすめです。

・歯磨き+歯間ブラシをする

食後はこまめに歯磨きをしてその後歯間ブラシで歯のすき間や溝の汚れを


取り除きます。

・舌ケアをする

口の中は細菌が繁殖しやすくなるので


舌苔も溜まりがちになります。


歯磨きをした後、定期的に舌ブラシで舌ケアを


しましょう。

・マウスウォッシュを利用

このように、歯磨き、歯間ブラシ、舌ケアで


しっかり口内の衛生を保っていきたいところですが


つわりなどでつらい時もあるでしょう。妊婦さんも簡単に口をゆすいで

口内ケアができるマウスウォッシュがおすすめです。


妊娠中はなるべく体に負担をかけないように口内を清潔に保っていきたいものです。


口内ケア商品の成分は妊娠中でも問題ない?

妊娠中はできれば体に良くないと言われているものは入れたくないものです。


歯磨き粉や洗口液等に含まれている成分は


ラウリル硫酸ナトリウム


サリチル酸メチル


エタノール


等の成分です。


これらは殺菌作用など効果が発揮される一方副作用が心配される声もありますが


成分内では配合される規定量が決まっているので安心して使用出来ます。


しかし、妊娠中にはお母さんとお腹の赤ちゃんのためにもできるだけ


安全なもので口内をケアしていきたいです。

・刺激がないもの

・ノンアルコールのもの

・成分

など安心できるものを選んでいきたいですね。