Pocket

虫歯は口臭の原因?虫歯の臭いを消す方法とは!

虫歯って痛いから1日でも早く治したいですよね。


虫歯は痛かったり、ほっておくと歯がダメになるだけじゃないんです。


実は口臭の原因にもなっているのです。


なんで虫歯で口が臭くなるの?じゃ、虫歯だった時は僕も口が臭っていたのかなぁ?

そうかもしれないわね。じゃ、なぜ虫歯で子口臭がするのかを説明するね。

虫歯が口臭の原因となる理由

虫歯が原因で口臭が発生するパターンはいくつかあります。


それらをご紹介します。

1.食べ物が詰まる

虫歯に食べ物が詰まり、それが腐って悪臭を放つのです。


口の中に腐った食べ物が存在している状態と同じなのです。


なので、相当クサイ臭いを放ちます。

2.歯の神経が腐る

虫歯を更に進行させてしまうと、歯の神経にまで達してしまい、


歯の神経が死んでしまい腐ってしまいます。


こちらも腐るわけですから、相当クサイ臭いを放ちます。


また厄介なのが、神経が死んでしまうと痛みを感じなくなります。


なので、気づかないまま放置してしまうことが多いのです。

3.歯根が化膿する

さらに虫歯を進行させてしまうと、神経から細菌が入り込んでしまい、


細菌が繁殖し歯根が化膿します。


そのたまった膿がかなりの悪臭を放ちます。



なんか想像しただけでも、とてもクサイ臭いが口の中で広がってそうで怖いなぁ。
でしょ。だから虫歯になったらすぐに治療しないといけないのよ。また虫歯にならないようにケアすることも大切よ。

虫歯が原因の口臭を消す方法

1.ブラッシング

ブラッシング、歯磨きのことですが、これが基本です。


このブラッシングをきっちりと正しい方法で実践することがまずは大切です。


歯磨きしてるといっても1分もしていないとか、奥の方まで磨いてないとかだと、


全く意味がありません。


ブラッシングを怠ると歯に詰まった食べ物がそのままになり、


悪臭の原因になります。


正しいブラッシングで食べかすをきっちり除去して、口臭を消しましょう。

2.デンタルリンス・デンタルフロス

正しいブラッシングをしても、どうしても歯ブラシが届かない場所があります。


そんな時にはデンタルリンスやデンタルフロスを使いましょう。


デンタルリンスには殺菌成分が含まれていて、液体なので歯の隅々にまで行き渡ります。


またデンタルフロスは歯ブラシでは除くことのできない、


歯と歯のすき間の食べかすを取り除くことができます。


これで食べかす腐りの原因の口臭を消すことができます。

3.キシリトールガム

キシリトールガムは虫歯予防にもなります。


またキシリトールガムをかむことで唾液の分泌が促進し、


口臭の原因となる口腔内の乾燥を軽減できます。


キシリトールのさわやかな香りも口臭を消してくれます。

4.重曹でうがい

コップ一杯の水に対して小さじ半分程度の食品重曹を混ぜ、


その水でうがいするのです。


虫歯を予防、改善することはできませんが、口臭を消すことはできます。

5.洗口液

リステリンやモンダミンのような洗口液は口臭を消すのに役立ちます。


朝のお出かけ前に「クチュクチュ、ペッ」とするだけなのでとても簡単です。


虫歯を予防、改善することはできませんが、一時的に口臭を消すことはできます。



ちゃんと歯磨きしないとダメだね。毎日きっちり歯磨きするように心がけるよ。

歯磨きは食べかすを取り除くイメージで丁寧に隅々まで行ってね。さらに歯医者さんでの定期健診もすると虫歯の早期発見に繋がるからオススメするわ。