Pocket

アパガードとホワイトニングペーストどちらがおススメ?成分の違いは?

こんにちは。


私は大学時代に友人から口臭のことを言われてからずっと気にしています。


毎日口臭のことを気にして口周りを見ていたら、


歯の着色汚れも気になってきました。


これらを改善できるものはないかと色々調べていたら、


見つけたのが「アパガード」でした。


歯を白くするだけでなく、口臭予防・口臭改善も見込めると、


口コミで見たので気に入りました。


しかし、他にも無いかな?と調べていたところ、


「ホワイトニングペースト」というものも発見しました。


アパガードとホワイトニングペースト、


どちらが私の悩みを解決してくれるのか調べてみました。

アパガードはどんな商品?

アパガード独自の薬用ハイドロキシアパタイトの薬用成分を高配合することによって


歯のミクロのエナメル質を修復してむし歯を予防しホワイトニングしていく薬用歯磨き粉です。


このように美しく輝く白い歯をめざすとともむし歯を予防していくアパガードの歯に効果的な


成分を見ていきましょう。

薬用成分 薬用ハイドロキシアパタイト

アパガード独自のナノ粒子。


ナノ粒子によって歯にしっかり浸透し歯垢を絡め取って汚れを取り除いた上で


歯と同じ成分であるハイドロキシアパタイトをナノレベルで補修していきます。


溶け出したエナメル質のミクロの傷を修復して再石灰化しむし歯を予防し自然な白さを導きます。

パール成分(加水分解コンキオリン液)

2014年9月にリニューアルとともに新しく配合されました。


真珠やアコヤ貝から抽出された真珠を生成する成分を


加水分解コンキオリン液として加工し光沢剤として使うことで


さらにホワイトニング効果をアップさせます。

薬用成分殺菌成分で歯周病、口臭予防

殺菌成分ラウロイルサルコシンナトリウム

殺菌成分で口臭の原因元となる口腔内の細菌を殺菌して


口臭予防効果があります。

塩化セチルビリジニウム

口臭の原因の元となる口腔内に繁殖する細菌を殺菌し


口臭を予防するとともに、歯の表面に長時間留まり


歯周病菌の増殖を抑え歯周病を予防していきます。

βーグリチルレチン酸

甘草由来の薬用成分で生薬の作用で歯茎の炎症を抑えます。


アパガードは、歯のエナメル質をナノレベルで修復し歯のホワイトニングだけではなく殺菌成分で歯周病や


口臭も予防して口内環境を整えていきます。

ホワイトニングペーストはどんな商品?

ホワイトニングペーストは、どのような商品なのでしょうか?


名前からすると、歯を白くしてくれるのが想像できますが、


実際はどうなのでしょうか?


●商品名:ホワイトニングペースト トラブルケア


●価格:85ml・1,296円


●メーカー:イシュア


●特徴:


ホワイトニングケアに歯周病ケア機能をプラスした美白の歯磨き粉です。


自然な歯本来の白さを取り戻すだけではなく、歯の表面をつるつるにもしてくれます。


さらに、歯周病(歯肉炎・歯周病)も防いでくれます。


フレーバーはフレッシュなハーブミントになっています。

ホワイトニングペーストの成分

●湿潤剤:ソルビット液、グリセリン、PG、PEG-8


●清掃剤:無水ケイ酸A


●発泡剤:ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタイン液、POE硬化ヒマシ油、ラウリル硫酸ナトリウム


●洗浄剤:ポリリン酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム


●薬用成分:PEG-8(マクロゴール400)、ゼオライト、フッ化ナトリウム(フッ素)、β-グリチルレチン酸


●粘結剤:PVP、キサンタンガム


●粘度調整剤:無水ケイ酸、ポリアクリル酸ナトリウム


●香味剤:香料(ホワイトミント)、サッカリンナトリウム


●清涼剤:メントール


●有効成分:フッ化ナトリウム


●pH調整剤:水酸化Na


●保存剤:パラベン


●着色剤:雲母Ti、黄4


ポリリン酸ナトリウムが、自然な歯本来の白さを取り戻してくれる主成分です。


この成分は、体内にも存在する成分ですので、


安全性にはまったく問題のない成分です。


歯科でのホワイトニングにも使用されている成分でもあり、


その美白効果については高い信頼性があります。


働きとしては、歯の着色汚れに浸透して汚れを浮かせて、


ブラッシングでの除去を容易にしてくれます。


着色汚れがきれいに落ちることで歯の表面がつるつるにもなるのです。

アパガードとホワイトニングペーストの比較

アパガードとホワイトニングペースト、


どちらも歯本来の自然な白さを取り戻してくれる歯磨き粉ですが、


違いはあるのでしょうか?

ホワイトニング

アパガード、ホワイトニングペーストともにホワイトニングすることに変わりはありません。


しかしホワイトニングの成分は違います。


●アパガード:薬用ハイドロキシアパタイト


●ホワイトニングペースト:ポリリン酸ナトリウム


薬用ハイドロキシアパタイトは、歯の主成分ハイドロキシアパタイトとほぼ同じ成分、


ポリリン酸ナトリウムは、体内にも存在する成分、


ということでどちらも安全性には問題なさそうです。


ホワイトニングの効果としては、個人差があるので何とも言えませんが、


ポリリン酸ナトリウムは歯科のホワイトニングでも使われていることから、


ホワイトニングペーストの方が効果があるような気がします。

歯周病予防

まず歯周病とはどんな病気なのでしょうか?


そしてどのように予防すればいいのでしょうか?


歯周病とは「歯肉炎・歯周炎」の総称です。


歯周病は歯周病菌が出す毒素により、歯肉炎(歯ぐきの腫れ・出血)から、


歯周炎(歯を支える歯槽骨が溶け出す)へ進行し、歯を失う主な原因となります。


歯周病予防には歯周病菌の住みかとなる、歯垢(プラーク)除去が重要です。


歯石の表面はざらざらして歯垢が付着しやすいため、歯石の沈着を防ぐ必要があります。


このことから、アパガードとホワイトニングペーストを見比べてみましょう。


アパガードは、歯周病の原因菌を殺菌する成分(塩化セチルピリジニウム)などを配合しています。


ホワイトニングペーストは、天然由来の天草成分(β-グリチルレチン酸)配合しています。


とそれぞれに、歯周病予防にも効果がある成分が含まれています。


歯周病は口臭の原因の一つでもあります。


口臭の他の原因としては、歯に付着した食べかすや歯垢です。


これらの付着を除去したり、歯の表面をつるつるにすることで付着を防止してくれますので、


これらの歯磨き粉を使うことで口臭予防・口臭対策をすることも可能であることが分かります。

最も注意すべき歯磨き粉のデメリットは何…?

アパガードやホワイトニングペーストは魅力的な口内ケアアイテムですが、


注意すべきデメリットがあります。


そのデメリットは他の歯磨き粉にも当てはまるデメリットです。


それは


歯磨き回数をなかなか増やせないこと


です。


歯周病や口臭の原因となる細菌は舌を中心に口内のいたるところに付着しています。


歯磨き粉による殺菌は基本的に歯磨き粉が口に付着した際に効果がありますが、


そのためには家庭や職場で、都度手洗いで歯磨きをする必要があります。


口臭ケアを徹底するなら、より雑菌の殺菌力の高い口臭ケアアイテムで、


急な打ち合わせやデートの前だとイベント前に徹底的にケアしたいと思います。


そんな歯磨き粉のデメリットを解消した口臭ケアアイテムが


オーラクリスタ―ゼロです。


・口臭スプレーなので、有効成分を満遍なく口内に噴霧出来る。


・殺菌率の高い有効成分が配合されている。


・口臭スプレーなので、場所を選ばずどこでも使用できる。

オーラクリスタ―ゼロをおススメする理由

理由① 口臭の原因である舌苔へスプレーで直接ふきかける。

様々な口臭ケアアイテムが販売されています。
 
サプリメント、歯磨き剤、マウスウォッシュ等です。
 
一方で、口臭の原因の6割は舌(舌苔の発生)にあると言われています。
 
オーラクリスタ―ゼロはスプレー形式で、
 
口臭源の殺菌効果のある液体を直接噴霧します。
 
口臭の原因となる細菌をより確実に殺菌します。

理由② 医薬部外品成分が配合されている。

どんなに口臭に悩んでいても、口臭外来に通うのは勇気とお金と時間が必要です。
 
口臭外来は安くても数万円から数十万円必要ですし、
 
何より友人や同僚から口臭で病院に通っているとは絶対に思われたくありません。
 
オーラクリスタ―ゼロには、口臭に効果があるとされる医薬部外品成分が
 
複数配合されています。
 
ドラッグストア等で販売されている市販品より確実に口臭の原因に対処できます。

理由① 今なら27%オフ~50%オフでお得に購入可能

オーラクリスタ―ゼロは通常、都度購入であれば定価4,880円です。
 
今なら定期1本コース~3本コースで、27%から50%オフで購入可能です。
 

コメントを残す