Pocket

タバコの口臭を消す方法は何?タバコの口臭はヤニ(タール)の臭い?

こんにちは。


最近は受動喫煙などの問題で、


タバコを吸う場所や吸い方が変わってきていて、


タバコを吸わない私にとっては嬉しい話です。


しかし愛煙家の人はまだ居るわけで、


会社でも愛煙家の上司や同僚社員は何人も居ます。


私はタバコを吸わないので特に気になるのが、


タバコを吸った後の人の口臭です。


面と向かって会話する時はもちろん、会議の席でも、お酒の席でも、


その場でタバコを吸っていなくても、吸った後の口臭がすごく臭います。


タバコを吸わないで、とまでは言いませんが、


吸ったあとの口臭ケアは是非して欲しいと思います。


でも実際、どのようにタバコの口臭を消すのでしょうか?

タバコで口臭になる原因

タバコ自体の臭いが口内に付着することで口臭に繋がる場合と、


タバコが原因で口臭を悪化させている場合があります。


タバコで口臭になる原因にはどんなものがあるのでしょうか?

ニコチン

タバコに含まれるニコチンは、毛細血管を収縮させ、


血液循環を悪くする作用があります。


そのことにより、口内の唾液の量が減少してしまうことに繋がります。


唾液が減少すると、口内の雑菌が増殖したり、


ドライマウスを引き起こしてしまいます。


それにより口臭がするようになります。

タール

タバコに含まれるタールは、口内のあらゆるところに付着し、イヤな臭いを放ちます。


歯や歯茎・舌などにこびり付いてしまいます。


ヘビースモーカーで歯磨きを怠っている場合、


歯がタールで黄ばんだり、歯の裏は真っ黒になっていたりします。


これらは全てタールの付着によるものです。ヤニとも呼ばれます。

その他の臭いの原因物質

・アンモニア :おしっこにも含まれる物質です。小便の臭いがします。


・酢酸:汗臭い臭い、酸っぱいイヤな臭いがします。


・アセトアルデヒド:特異な刺激臭をもつ無色の液体です。なので目に染みつけるような臭いがします。


・ホルムアルデヒド:刺激臭のある無色の可燃性の気体です。刺激臭は足の裏のような臭いがします。


・トリメチルアミン:刺激性の魚臭をもつ気体です。魚の腐ったような臭いがします。

口臭はタバコを吸う量に比例する

タバコには先に紹介したような口臭となる原因がたくさんあります。


当然、これらを多く摂取すると口臭もきつくなりますし、


その口臭の持続時間も長くなります。


1日1本だけ吸う人と1日20本吸う人では臭さやその持続時間に違いは、


顕著に分かります。


では、含有量の少ないタバコに変えればマシになるかと言うと、


実はそうでもありません。


何故なら少ない(軽い)分、いつもより多く吸い込もうとするからです。

タバコの口臭を消す方法

タバコが止めれれば1番よいのですが、


依存性が高いタバコは口臭がすると言われても、


なかなか止めることが難しいのです。


では、タバコの口臭を消す方法を考えましょう。


ここでは手軽に簡単に出来る方法に特化してご紹介します。

こまめに歯磨き、口をゆすぐ

口内付着したタールを早く確実に落とすには、歯磨きが一番です。


理想はタバコを吸う度に歯磨きが出来ればベストですが現実的には無理です。


その場合は口をゆすぐだけでも効果的です。


口をゆすぐ時に、洗口液のマウスウォッシュやデンタルリンスを併用すれば、


口内が清潔に保たれて、さらに口臭対策に効果的です。


これなら手軽に行えるので、携帯出来る小さなタイプを購入して、


こまめに使用する癖をつけるのも良いでしょう。

ガムを噛む

ミント味のガムは、息をさわやかにしてくれるだけでなく、


ミントの香りでタバコの臭いを消してくれる効果もあります。


ガム選びですが、できるだけミントがきついものを選びましょう。


ライトなものだと消臭効果が弱いからです。


またガムは、そのミントの香りで口臭に効果的な上に、


ガムを噛むことで唾液量が増え、ニコチンによる唾液減少も防いでくれます。


唾液が乾いても口臭がしますので、ガムを噛む事はその予防にもなります。