Pocket

(2017年)口臭予防対策・市販の舌ブラシ人気ランキング!

こんにちは。


以前、大学時代の友人との話題にふとあがったのですが、


夫の口臭が気になるという話でした。


歯磨きやガム、マウスウォッシュなどを使用し、


口臭に気を使ってらしいのですが、


どうやら舌が原因の口臭かもしれないという話でした。


私も口臭に気を使っているのですが、


舌が原因の口臭について知らなかったので、私の舌口臭は、


大丈夫か心配になり、舌口臭対策について調べる事にしました。


今回はその中で、舌の掃除をできる口臭ケアアイテムの舌ブラシについて、


調べたので、ご紹介します。

口臭予防・対策できる人気舌ブラシ

口臭の原因の60%~70%は舌が原因のものというデータがあります。


それは舌の構造がじゅうたん状になっているからです。


舌の表面はひだ状になっており、そのひだとひだの隙間に、


口臭の原因菌や食べかすが入り込むこみ、口臭の原因となります。


みなさんも舌が白くなるなど変色している状態になったことがあるでしょうか。


実は舌が白く変色しているのは細菌付着による苔状の舌苔(ぜったい)と呼ばれるものになります。


また舌は歯より構造上プラークなど汚れがたまりやすいため、


大きな口臭の原因となります。


今回は舌苔除去や舌表面の汚れをなぞってかき出すことで、


掃除することができる、口臭予防・対策舌ブラシをご紹介します。

第5位 舌クリーナー ゼクリン ブラック(ソフトタイプ)

●商品名:舌クリーナー ゼクリン ブラック(ソフトタイプ)


●メーカー:ゼクリン(株式会社P&A)


●価格:税込み416円


●おススメ度:★★★☆☆


●手入れしやすさ:★★★★☆


●特徴:3段構造になっておりそれぞれのブレードが異なる、


深さの汚れをキャッチします。


柔軟な素材の樹脂でできており口内を傷つけにくく、


色や形などデザイン性のある製品です。

第4位 オーラルドクター 電動舌クリーナー

●商品名:オーラルドクター 電動舌クリーナー


●メーカー:テクノウェア


●価格:税込み1790円


●おススメ度:★★★★☆


●手入れしやすさ:★★★☆☆


●特徴:舌クリーナーを使用しすぎると、舌を傷つけることにつながり、


味覚や感覚、細菌が増えるなど逆効果になる可能性があります。


この製品はブラシが細く柔らかく、音波振動によって、


汚れを除去するため舌にとてもやさしいものになっています。

第3位 SHIKIEN 舌磨きスム―ザー

●商品名:舌磨きスムーザー


●メーカー:SHIKIEN W-1


●価格:税込み289円


●おススメ度:★★★★★


●手入れしやすさ:★★★★★


●特徴:凹面と凸面があり、それぞれ舌の側面と表面用と使い分けます。


ブラシの先はナイロンでできており、複雑な表面が、


汚れを絡めとる構造になっています。


また先端の耐熱温度が200度になっており、熱湯消毒することができるため、


衛生管理しやすい製品になっています。

第2位バトラーやさしい舌ブラシ やわらかタイプ

●商品名:バトラーやさしい舌ブラシ やわらかタイプ


●メーカー:サンスター株式会社


●価格:税込み271円


●おススメ度:★★★★★


●手入れしやすさ:★★★★★


●特徴:ブラシとラバーの2種類のブラシ先で、


舌の汚れをとります。


ブラシ部分は汚れをかきだす、ラバー部分は出た汚れを口外にかきとる役割をっており、


舌をきれいにする上でかなり効果的な掃除をできます。

第1位 ダイソー 舌クリーナー

●商品名:舌クリーナー


●メーカー:ダイソー


●価格:税込み108円


●おススメ度:★★★★☆


●手入れしやすさ:★★★★☆


●特徴:ブラシタイプとラバータイプがあり、どちらも安価で手に入ります。


特別な構造をしているわけではありませんが、


使用方法を守れば、雑菌を十分に落とせると感じました。


また使用後洗えば清潔に使え、気になるタイミングですぐに、


交換できるのも魅力の1つです。

まとめ

今回のランキングの順位は


・使いやすさ


・手入れのしやすさ


を重視し、人気のアイテムをまとめました。


舌ブラシを使用する上で、どうしても気になるの衛生面です。


基本的にどの製品も汚れを落とせる効果は出たのですが、


ブラシ先がナイロン製のものは熱湯消毒できるものの、


黄色がかるなど汚れはやはり気になりました。


またラバータイプのものも使うにつれ、消毒などはできないため、


衛生的でなくなるのを感じました。


今回はそれらの点からコストパフォーマンスを意識したランキングになっていますが、


使用の頻度(舌ブラシをしすぎるの危険)や使用感など、


あわせてぜひお試しください。