Pocket

唾液が乾くと誰でも臭くなる理由は?唾液が臭いを減らす対処法!

こんにちは。


私の仕事は営業事務で、


普段は営業さんの事務的なお手伝いをしています。


ある日、営業さんがアイデアで悩んでいたところ、


私が出したアイデアがすごく気に入られ、


プレゼンを任されてしまいました。


人前でしゃべるのはすごく緊張し、


そうすると口がすごく渇いてきました。


その時「何か口が臭う」と自分でも感じました。


口が渇くと口臭がするようになるのかな?と思いました。


実際はどうなんでしょうか。

口内(唾液)が乾くと口臭がするのか?

口の中が乾くと口臭がするのでしょうか?


答えは「イエス」です。


ではなぜ口の中が乾くと口臭がするようになるのでしょうか?

口内の乾きと口臭の関係

口内が乾くと口臭が発生するのは、


実は菌の仕業によるものなのです。


黄色ブドウ球菌をはじめ、カンジダ菌や緑膿菌など、


約400種類の菌が存在すると言われています。


その中でも、嫌気性菌という菌がニオイを発生させます。


この菌は口の中だけでなく、皮膚や粘膜、腸管内、女性の性器内にも存在しています。


嫌気性菌は口の中にだれでも持っている菌にもなりますが、


この菌が活発に活動を初めると臭気のあるガスを発生させるわけです。


そのガスが口臭の正体なのです。


そして、この菌の活動を抑制しているのが唾液になります。


唾液は消化を助けるアミラーゼという糖質を分解する酵素や、


外からの細菌の侵入を防ぐためにリゾチームという酵素、


菌を固めるムチンなどを出しています。


これらの酵素などで口臭の原因となる菌を抑制しているのです。


唾液の分泌量が減ってしまうと、嫌気性菌の活動が活発になり、


ガスを多く発生させ口臭になります。


このような理由から口内が乾くと口臭がするようになるのです。

誰の唾液でも乾くと臭いのか?

先ほどご紹介したように、


唾液は口臭の原因になる菌の働きを抑制していますから、


唾液が乾くと誰でも口臭はすると思われます。


ちなみに口臭のキツさは菌の数で変わってきます。


菌の数ですが、きっちり歯磨きをする人で約2000億個、


あまり歯磨きしない人で6000億個、


ほとんど歯磨きしない人で1兆個以上の細菌が存在すると言われています。


ということは、口臭を少しでも抑えるには、


しっかりと歯磨きをすることが大事でもあるということです。

口内(唾液)の乾きを防ぐ対処法

しっかりと歯磨きをしていたとしても、


唾液の分泌が低下していて口内が乾いた状態だと、


口臭の原因菌が活発になり口臭がするだけでなく、


口臭がキツくなってしまいます。


では、口内(唾液)の乾きを防ぐにはどうすれば良いのでしょうか。

ガムを噛む

口の中を乾かさないためには唾液の分泌を活発にさせる必要があります。


ガムは噛むことで唾液の分泌が活発になり、


口内の乾きを防ぐことが出来ます。


またガム自体にミントフレーバーなどスッキリとした香りがあれば、


さらに口臭を防ぐ(マスキング効果)ことができます。

アメを舐める

ガムよりも唾液を分泌させやすいのはアメを舐めることです。


さらにレモンなどの柑橘系や梅味などの酸っぱいものをチョイスすれば、


さらに唾液の分泌は高まります。

口呼吸をしない

これは唾液の分泌というよりも、


唾液の減少やネバツキを軽減するために行うことです。


口呼吸すると菌やホコリなども口から吸い込むことになり、


違う原因で口臭がキツなることもあるので、


口呼吸は避けましょう。

水分をしっかり取る

唾液の分泌を活発にさせるには、水分補給はとても大切です。


唾液は1日に1.5~2リットルほど分泌されています。


これだけの量が出て行っているわけですから、


水分補給をこまめ行い、唾液の分泌を活発にする必要があります。


水分を補給するときは、お茶やコーヒーではなく水で補給してください。


緑茶やウーロン茶にはポリフェノールが含まれており、


飲み過ぎると唾液の分泌を抑制してしまいます。


コーヒーには離尿作用があるため逆に水分が体内から出て行ってしまします。


水分の目安は1日に1~1.2リットル程度で、


一気に補給するのではなく、こまめに補給するようにしましょう。

マウスウォッシュや口臭スプレーで除菌する

上述の通り口臭の原因は口内の雑菌量です。


マウスウォッシュや口臭スプレーを使用することで


薬剤によって口内の雑菌を殺菌出来ます。


マウスウォッシュは比較的安価に購入できる一方、


持ち運びが少し面倒だったり、口をゆすぐために手洗いへ行く必要があります。


口臭スプレーはマウスウォッシュと比較すると割高ですが、


持ち運びが便利で、薬剤を直接、口内に吹きかけるのでより確実な殺菌が期待出来ます。