Pocket

【ルブレン】ニンニクを食べた翌日・お酒を飲んだの口臭ケア?翌日の効果は?

こんにちは。


私は以前塾でアルバイトをしていたことがあります。


塾では1対1で教えていたのですが、


生徒と隣り合って座っているときに、


生徒がこちら側を向かないようにしており、


臭いがしたのではと不安になりました。


働き始めてからも、会社の先輩、後輩と同じようなシチュエーションに、


なることがあり、そのたびに同じように不安を思い出しました。


口臭ケアはマウスウォッシュなどのアイテムや、歯磨きなども、


行っていましたが、改善したと思える日はなかなか来ませんでした。


私自身が口臭の不安がなくなったと思えるようになったのは、


ルブレンのおかげです。


ルブレンはシュッとすることで口臭ケアする、


スプレータイプの洗口液です。


今回はルブレンがニンニクやアルコールなどにも、


効果を示すかなどについてご紹介します。

ルブレンの商品概要

■商品名


ルブレン


■販売価格:8,000円(税抜)、定期便で購入の場合は4,980円(税抜)


■ルブレンの使用方法


1日朝・昼・晩の3回、歯磨きの後に2プッシュを口内にスプレー。就寝前のスプレーが効果大。


■ルブレンに含まれる主要な成分:


シイクワシャー果実水【着香剤】、グリセリン【保湿剤】、ソルビトール【保湿剤】、水【基剤】、


PEG−60水添ヒマシ油【可溶化剤】、キシリトール【甘味剤】、


フランスカイガンショウ樹皮エキス【清掃助剤】、


トレハロース【甘味剤】、ローズマリー葉エキス【保湿剤】、ラベンダー花エキス【保湿剤】、


セージ葉エキス【保湿剤】、スペアミント油【着香剤】、オレンジ果皮油【着香剤】、ユーカリ葉油【着香剤】、


エタノール【可溶化剤】、BG【保湿剤】、メントール【着香剤】、ココイルアルギニンエチルPCA【防腐剤】


■ルブレンのオーガニック成分の概要:


・有機JAS認定シークワーサーを使った蒸留水「シークワーサー果実水」のほか、


有機認証済みのオーガニック成分を約46%配合。


・ルブレンの有機認証オーガニックは5種類。


1.シイクワシャー(シークワーサー)果実水【着香剤】


2.ローズマリー葉エキス【保湿剤】


3.ラベンダー花エキス【保湿剤】


4.セージ葉エキス【保湿剤】


5.オレンジ果皮油【着香剤】


・オーガニックとは、「有機」や「有機栽培」のことです。


化学合成農薬や化学肥料に頼らず、


土壌の持つ力を活かして環境への負荷をできる限り少なくする農法で、


有機認証オーガニックとは、


生産者が有機の基準に基づいて生産したものであることを、


第三者機関が証明しているものをいいます。

■ルブレンの効果・効能:

口臭の原因となる「臭い玉(膿栓)」「舌苔」「口内のその他の雑菌」等の原因となる


汚れを除去し、正常な唾液の分泌を促し、口内の潤いを保ちます。


これに臭い玉や雑菌由来の口臭を改善出来ます。

ニンニクやアルコールの嫌な臭いにルブレンの効果は!?

ルブレンはのど口臭への効果や、


悪玉菌を抑制、口内環境を改善維持することで口臭改善へ、


効果を期待できるアイテムですが、


直接的に臭いがきついニンニクやアルコールには効果を期待できるのか、


口臭発生のメカニズムなどに着目し、ご紹介します。


ニンニクの口臭発生メカニズム


ニンニクの独特のにりんご、お酢、緑茶、コーヒー、牛乳などおいの原因はアリシンという成分にあります。


ニンニクをかみ砕いたり、包丁できるなど、組織を傷つけたとき、


アリインとアリナーゼという物質が結合し発生します。


アリシン自体は殺菌作用もあるいい成分なのですが、


組織が傷つけばそれだけ発生するため、


体内に取り込む上では噛む、消化なども含め、


臭いの発生は逃れられません。


またこの成分は体内に取り込まれ血液などと循環し、


皮膚や口の粘膜などから臭いと共に出ていきます。


アルコールの口臭発生メカニズム


アルコールは摂取すると、胃で吸収され、肝臓で分解されます。


その過程でアセトアルデヒドという悪臭成分がが発生します。


アセトアルデヒドは血液を循環し肺に到達し、


口臭となります。


また、肝臓がアルコールによる強い利尿作用ににより、


尿を作り体内の水分を減少させます。


その結果として唾液の分泌量が減少し、


口内の細菌が増えることで口臭が強くなります。


ニンニクの口臭を抑える方法


ニンニクの口臭に効果があるとされているのは、


りんご、お酢、緑茶、コーヒー、牛乳などです。


胃の中をきれいにすることで口臭対策する製品もありますが、


ニンニクが原因の口臭は食事後すぐに血液などを循環するものなので、


どんなに胃をきれいにしても改善しきることはできません。


上記のなかでは特に緑茶が効果を期待できます。


緑茶はアリシン自体を臭いのしない成分に分解してくれるようです。


ほかの成分も揮発性の低さでアリシンの発生から充満などを抑制することで、


効果を得ることができます。

アルコールの口臭を抑える方法

アルコールは水分を飲酒中にこまめにとることや、


翌日なども水分をとることで改善することができます。


ほかにガムなどを噛むことで、唾液の分泌を促すことなども、


効果を得られる方法ではありますが、


常にガムをかむわけにはいかないのが、


ウィークポイントになります。


ルブレンの効果は?

ルブレンは口内環境の改善に効果が期待できるため、


両方に効果を期待できますが、


ニンニクが成分自体の臭いが大きな原因となるので、


ある程度は抑えることができますが、


翌日などに臭いが残る可能性もあり、


ルブレンのみに頼るのは禁物です。


逆にアルコールの口臭原因である唾液の分泌量減少などには、


ルブレンの効果は口内湿潤などの成分を含んでいるため効果が期待できます。


これらは口臭の発生原因やメカニズムに影響を受けますが、


より効率的な口臭対策を行うために、


ルブレンを主体に飲料や食べ物、生活スタイルなどを、


考えていくことが大切になります。

ルブレンをおススメする理由

理由① 口臭の原因へ直接有効成分を吹き付け出来る

様々な口臭ケアアイテムが販売されています。


サプリメント、歯磨き剤、マウスウォッシュ等です。


一方で、口臭の原因は舌苔や膿栓、歯周病、口内の雑菌等多岐に渡ります。


ルブレンはスプレー形式で、口臭源へ殺菌効果のある液体を直接ふきつけます。


(商品パッケージはスプレーですが、成分は霧状ではなく液体です。)


サプリメントやマウスウォッシュよりもより直接、口臭の原因に対処します。

理由② 主要な成分は有機認証済みオーガニック成分!

毎日利用するものなので、使うなら安全・安心の商品を使いたいですよね。


ルブレンに含まれる口腔を清潔に保つ成分は、有機認証済みオーガニック成分です。


主な成分としてはローズマリー葉エキス(保湿剤)、ラベンダー花エキス(保湿剤)


セージ葉エキス(保湿剤)、オレンジ果皮油(着香剤)、シイクワシャー果実水(着香剤)


またシイクワシャー果実水が含まれており、


他の口臭スプレーやマウスウォッシュと比較して薬剤の臭いや味が少なく、


薬が苦手な人でも使いやすい仕上がりとなっています。

理由① 今なら50%オフでお得に購入可能

口臭対策に本格的に取り組むととてもお金がかかります。


特に一番本格的で高い口臭外来へ通った場合、安くても数万円から数十万円必要ですし、


何より友人や同僚から口臭で病院に通っているとは絶対に思われたくありません。


ルブレンの単品通常購入価格は8,000円です。


また今なら集中ケアコースで、50%オフでお得に購入可能です。

 

最新の特典情報を知りたい方は以下のリンクから確認出来ます。


 
最新の特典情報を知りたい方は以下のリンクから確認出来ます。